*



【勝利の瞬間】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO14

公開日: : 最終更新日:2017/01/28 第3回ジオラマ写真コンテスト

戦いの終わり!一瞬のスキをついた勝利!

作品タイトル『勝利の瞬間』

作品ストーリー

餌場を巡る一瞬の攻防を切り取った作品です。

今正に挟み込み持ち上げ、投げに出ようかとする瞬間を捉えた映像です。

応募作品


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


kimg0004_r


kimg0005_r

作成者コメント

大顎と胸部の接合部に針を刺し通して固定しています。

力強く挟み込んで持ち上げている様を
臨場感たっぷりに感じて頂ければ幸いです。

作成者プロフィール

dscf1568-2_r

投稿者:四人の親父さん

ジオラマ歴:木の皮に固定して展示するライブ風標本を、3年前から作り始めています。本作もその一つでして、展示棚から落として破損させた標本をリペアした序に撮影をし応募しています。これからも、試行錯誤を続けながら鑑賞に耐えうる作品作りを目指しております。

クワカブ飼育採集歴:採集歴は17年位です。以前はブリードもやっておりましたが、温度管理が出来なくて断念しました。現在は、採集と標本オンリーです。

関連記事

エントリーNO10【無人島漂着】

【無人島漂着】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO10

無人島に流れ着いた虫たち、その運命やいかに!? 作品タイトル『無人島漂着』 作品ストーリ

記事を読む

image1

【未知との遭遇】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO17

ヘラクレスと銀色に光り輝く生き物との遭遇です。 バトルになってしまったのか・・・ 作品タイト

記事を読む

img_0630

【サンタクロースのお手伝い】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO1

国産カブトムシ&パプアキンイロクワガタ! 冬に逢いたい人NO1!サンタクロースとの共演です。

記事を読む

エントリーNO15【ライバル対決!】

【ライバル対決!】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO15

ライバルとの戦い!勝利を掴むのはどちらか!? 作品タイトル『ライバル対決!』 作品ストーリー

記事を読む

gioramakekka-dai3

第3回 2017月夜野ジオラマ杯優秀作品表彰ページ

ついに第3回月夜野ジオラマ杯の優秀作品が決定しました。 皆様からさまざまな作品をご投稿いただき無事

記事を読む

エントリーNO5【夏の思い出】

【夏の思い出】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO5

立派な虫たちをつかまえた、夏の思い出を表現した作品です。 作品タイトル『夏の思い出』 作

記事を読む

diorama-entry-2016%e4%bb%ae1

クワカブジオラマ写真コンテストの募集要項【 第3回 月夜野ジオラマ杯】

いつも月夜野きのこ園をご利用いただき誠にありがとうございます。 第1回、第2回ジオラマ

記事を読む

エントリーNO13【樹液を巡る戦い】

【樹液を巡る戦い】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO13

樹液を目指して集まる虫達!戦いに勝利する虫は、果たして!? 作品タイトル『樹液を巡る戦い』 作品

記事を読む

1-1482904294564

【迷子】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO7

鉄工場に迷い込んだヘラクレスを表現した作品です。 作品タイトル「迷子」 作品ストーリー グアド

記事を読む

エントリーNO6【千円クワリウム 「生きてますよ」】

【千円クワリウム 「生きてますよ」】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO6

普段は見られない洞の中を表現した作品です。 作品タイトル『千円クワリウム 「生きてますよ」』

記事を読む

12-11-1.fw
【対峙】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO8

昆虫と人間の戦いを表現した作品です 作品タイトル『対峙』 作品スト

12-10-2.fw
【癒しの森】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO7

思い出がいっぱい・仲良く過ごす楽園を表現した作品です 作品タイトル『

1
【躍動】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO6

夢の中!で虫同士のコラボを表現した作品です 作品タイトル『躍動』

LRG_DSC00919
【森のなかで…】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO5

クワガタさんが演奏してる感じを表現した作品です 作品タイトル『森のな

main1
【目指せ!雪の女王!2】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO4

お宝を求めて雪山に登っていくタランドゥスと、立ちはだかるパプキンの戦い

→もっと見る

PAGE TOP ↑