*



生態・ブリードの可能性!?

公開日: : ブリードルーム

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと思います。第6回は生態・ブリードの可能性についてです。

今年のブリード計画

今年のブリード計画は立てました?新しいムシに挑戦するのでしょうか?大型化へのあくなき挑戦でしょうか?血統作りを続けられるのでしょうか?ブリーダーにとって今年の計画を明確にして動き出す時期がやって来ました。
悩ましいこともあると思います。個々の制約条件がやりたい事を妨げるかもしれません。予算や頭数(場所)の制限は避けられない現実問題でしょう。理想が高ければ多くの葛藤が増えるでしょう。逆に制限があるか乗り越えた後の達成感が生まれるのかもしれません。

クワガタムシやカブトムシの生態とブリードの可能性

第6回ブリードルーム画像
ブリードルームではクワガタムシやカブトムシの生態やブリードの可能性について研究しています。正式に立ち上げてから三年目です。やっと世代が一巡したばかりです。通年ペアリングを継続しているので数年後にはデータが活かせると期待しています。
オオクワガタを継続する意外に外国産のカブトムシやクワガタムシのデータ取りも開始したいと計画を進めています。しかし、様々な面での課題克服が必要なのは ブリーダーの方々と同じです。使命は専門業者として専門業者ならではの規模と設備で実験し、皆さまに情報提供するということです。

関連記事

%e7%92%b0%e5%a2%83-%ef%bc%81%ef%bc%9f

環境 !?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201806-1-DSC01104

I could have done

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e9%80%b2%e5%8c%96%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab

進化するために

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第18回ブリードルーム画像

変動要素と長い付き合い

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第15回ブリードルーム.fw

鬼に笑われてもいい

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201801-1-P1020299

一の情報から、いくつもの手

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e3%82%ab%e3%82%bb%e3%83%84%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1

カセツノススメ

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

冬の試練

冬の試練・ブリードの如く!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第12回ブリードルーム

数値化すると!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201804-1-P1020337

持続的トライ&エラー

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

gioramabna2018-2
第5回 2019月夜野ジオラマ杯優秀作品表彰ページ

ついに第5回月夜野ジオラマ杯の優秀作品が決定しました。 皆様からさま

waowai5-A.fw
クワガタワイワイVOL.5 さらば平成!「採集と飼育」クワガタカブトムシ業界をアップデートせよ

2019.6.15(土) クワガタワイワイVol.5開催決定!!

40-1
【出撃!!!】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO18

メカクワガタの戦う様子を表現した作品です 作品タイトル『出撃!!!』

30-1
【昆虫の飲み会】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO17

昆虫たちが樹液に集まる様子を表現した作品です 作品タイトル『昆虫の飲

20-1
【未知との遭遇その2】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO16

ヘラクレスと銀色に光り輝く生き物との遭遇を表現した作品です 作品タイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑