*



数値化すると!?

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 ブリードルーム

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと思います。第12回は数値化についてです。

データから分かるオオクワガタのブリード

生き物はつかみどころがない。オオクワガタのブリードを続けていて感じる。単純なロジックで目指す結果はでない。真相を探るために数値化をして過去約三年の通年産卵データをグラフ化してみた。データ数が集まれば集まるほど新しい説が立てられるかもしれない。
前提条件を説明すると環境は通年二十五度管理で湿度は七十から八十パーセントの間を狙っている。しかし、湿度は冬に基準以下に下がり、夏は逆に超えることが頻発する。閉じられた環境での通年産卵だが季節の影響を受けている。

データが蓄積をして集計すると生まれる仮説

まずは産卵から割出までにどの時期を経過してきたかだ(表1)。横軸の日付は幼虫割出日になっていて産卵週から丁度十週目にあたる。縦軸は独自の産卵指数である。年によって前後するが初春から初夏の気候を通ってきた場合に産卵数が多くなる傾向にあるようだ。加えて十月から十一月初旬までの盛り上がりも気になる。
ペアリング時期と産卵数の関係はどうであろうか(表2)。大体春から初夏にペアリングすると産卵数が増えている。今年のデータは暫定値なので最終結果を待ちたい。また、昨年と今年の産卵数の増加時期のズレは産卵環境改善によるものか、気候の違いなのかさらなる比較分析が必要だ。
現時点のデータ数では少な過ぎるので結論は急げない。地道にデータが蓄積をして集計すると色々な仮説が生まれて来くる。次に何を試そうか、今やっていることがどの様な結果になるのかワクワクさせてくれる。数値化はブリードを倍に面白くするかもしれない。

第12回ブリードルーム

関連記事

月夜野きのこ園と 「 真田丸 」

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201804-1-P1020337

持続的トライ&エラー

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201802-1-DSC02680

差異という宝物

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201704-1-選抜方式1

オオクワガタ・選抜方式の途中経過その1

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

環境 !?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201801-1-P1020299

一の情報から、いくつもの手

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201807-1-MinakamiDamU

みなかみ町へようこそ!

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

生態・ブリードの可能性!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201705-1-P1020154

みなかみのはる

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201708-1-DSC08312

バラ色の現実!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第5回 2019月夜野ジオラマ杯優秀作品表彰ページ

ついに第5回月夜野ジオラマ杯の優秀作品が決定しました。 皆様からさま

クワガタワイワイVOL.5 さらば平成!「採集と飼育」クワガタカブトムシ業界をアップデートせよ

2019.6.15(土) クワガタワイワイVol.5開催決定!!

【出撃!!!】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO18

メカクワガタの戦う様子を表現した作品です 作品タイトル『出撃!!!』

【昆虫の飲み会】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO17

昆虫たちが樹液に集まる様子を表現した作品です 作品タイトル『昆虫の飲

【未知との遭遇その2】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO16

ヘラクレスと銀色に光り輝く生き物との遭遇を表現した作品です 作品タイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑