*



昆虫飼育は文化だ

公開日: : ブリードルーム

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと思います。第4回は昆虫飼育と文化についてです。

行儀という概念

虫に行儀という概念は当てはめていいのだろうか?エサ交換をしていると そう感じる時がある。エサをひっくり返して散らかす虫がいる。一方で空になった2つのゼリー容器を重ねて整理整頓している虫もいる。頭が下がる。
数多く虫を飼育すると個体差を強く感じる。同種でも個体ごとに個性がある。気性の激しい小心者(虫?)もいれば、自信満々に堂々と行動する虫もいる。性別、サイズによっても違う。それだけ考えていても興味は尽きない。
人間の行儀作法は時代によって変化する。例えば洋食のマナーは西洋人が大昔からやっていたことではない。十五世紀にイタリア人シェフが「食事の作法50則」 を書き広まったとされる。中世までは手を使いベットの上で食事をする事はマナー違反ではなかった。虫も人間もそれほど違わなかったとも言える。

日本人の癖

image13
虫に行儀作法がないことくらい承知している。しかし、日本人の癖である擬人化して自然を見ることは払しょくできない。きれいにエサを食べる個体に「いい子だ」とつい感じてしまう。西洋では厄介者扱いされる昆虫を日本人は好んで飼育する。擬人化する楽しみを知っているからかもしれない。昆虫飼育は文化なのだ。

 

関連記事

%e5%87%b6%e3%81%a8%e5%87%ba%e3%82%8b%e3%81%8b%e5%90%89%e3%81%a8%e3%81%a7%e3%82%8b%e3%81%8b%ef%bc%9f

凶と出るか吉とでるか?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201705-1-P1020154

みなかみのはる

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e7%92%b0%e5%a2%83-%ef%bc%81%ef%bc%9f

環境 !?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第12回ブリードルーム

数値化すると!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第10回ブリードルーム画像

虫の命と成長!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201703-1

「あるがまま」が面白い!「高温血統」の誕生?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

image11

サイズ測定と腹側に魅せられて・・・

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201805-1-Every_morn_is_a_fresh_beginning

新しい朝、新しい季節

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201712-1-P1020296

心引き締める秋

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201708-1-DSC08312

バラ色の現実!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

gioramabna2018-2
第5回 2019月夜野ジオラマ杯優秀作品表彰ページ

ついに第5回月夜野ジオラマ杯の優秀作品が決定しました。 皆様からさま

waowai5-A.fw
クワガタワイワイVOL.5 さらば平成!「採集と飼育」クワガタカブトムシ業界をアップデートせよ

2019.6.15(土) クワガタワイワイVol.5開催決定!!

40-1
【出撃!!!】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO18

メカクワガタの戦う様子を表現した作品です 作品タイトル『出撃!!!』

30-1
【昆虫の飲み会】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO17

昆虫たちが樹液に集まる様子を表現した作品です 作品タイトル『昆虫の飲

20-1
【未知との遭遇その2】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO16

ヘラクレスと銀色に光り輝く生き物との遭遇を表現した作品です 作品タイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑