*



環境 !?

公開日: : ブリードルーム

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと思います。第26回は環境についてです。

紅葉の季節

みなかみ町の標高三百メートル台に、紅葉がやって来た。先日、結構な雨降り、さらに気温が下がったからだ。毎年思うことだが、自然のダイナミズムは、我々の小さな生活を圧倒する。同時に、オオクワガタにとっても、冬入りしたことを告げる。
種種雑多な都合で、毎年の様にブリード部屋が変わっている。部屋ごとに温湿度の変動を計測・分析をしているが、ほぼ白紙の状態からスタートになる。漠然と温度管理さえでればという考え方は、非常に安易だと気付く。なぜなら、産卵、羽化が安定しないからだ。
当然、個体ごとに遺伝情報が違う。また、同じ部屋の中でも、温まりやすい場所、冷えやすい場所がある。スポットを突き止めても、制御することは容易ではない。最終的に、原因の拠り所を、遺伝や環境に求めてしまいそうになる。

オオクワガタとともに

安易な原因追及に満足しない。その言葉を頭に刷り込んで、新しい環境に挑み続ける。今年はさらに農業用ハウスという、制御が難しい環境が与えられている。結果が悪くても、言い訳はいくらでもできてしまう。でも、自分の心に負けたくない!待ち受けている試練は、オオクワガタとともに戦っていく。(吉虫)

%e7%92%b0%e5%a2%83-%ef%bc%81%ef%bc%9f

関連記事

%e8%99%ab%e3%81%ae%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b

虫の知らせ!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201712-1-P1020296

心引き締める秋

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e3%82%ab%e3%82%bb%e3%83%84%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1

カセツノススメ

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

冬の試練

冬の試練・ブリードの如く!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

image8

オオクワガタのブリードを研究中。菌床に地図が出現!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

2016年オオクワガタペアリング計画

2016年オオクワガタ・ペアリング計画!

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第18回ブリードルーム画像

変動要素と長い付き合い

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201808-1-T1641SR1M695-14

カッコいい奇形

進化の過程 生物は悠久の時の流れの中でその姿を変えて現在に至っている。今の形は決して完成形では

記事を読む

第14回ブリードルーム

人に例えると!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201804-1-P1020337

持続的トライ&エラー

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

gioramabna2018-2
第5回 2019月夜野ジオラマ杯優秀作品表彰ページ

ついに第5回月夜野ジオラマ杯の優秀作品が決定しました。 皆様からさま

waowai5-A.fw
クワガタワイワイVOL.5 さらば平成!「採集と飼育」クワガタカブトムシ業界をアップデートせよ

2019.6.15(土) クワガタワイワイVol.5開催決定!!

40-1
【出撃!!!】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO18

メカクワガタの戦う様子を表現した作品です 作品タイトル『出撃!!!』

30-1
【昆虫の飲み会】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO17

昆虫たちが樹液に集まる様子を表現した作品です 作品タイトル『昆虫の飲

20-1
【未知との遭遇その2】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO16

ヘラクレスと銀色に光り輝く生き物との遭遇を表現した作品です 作品タイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑