*



黄色や紅色になる頃!?

公開日: : 最終更新日:2016/04/14 ブリードルーム

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと思います。第13回は黄色や紅色になる頃についてです。

季節の変わり目の交換作業

緑で覆われていた山々も黄色や紅色が下りてくるこの季節。オオクワガタのブリードも次の局面へと入って行きます。まずは、幼虫たちの菌糸ビンやマット交換です。晩秋になれば成虫たちの冬眠セット組みが始まります。
菌糸ビンやマットの交換作業は幼虫たちが順調に成長しているか確認できる大事な時です。同時に久し振りに対面できる数少ない機会です。時に食いが悪いことを知り不安な気持ちにもなります。生物には個体毎のバラツキがあることを実感します。

来春の再会を願い

オオクワガタの冬眠セット組みは寒い季節がやってくることを実感させてくれます。毎週の様にエサやりをして対面していた虫達としばしの別れの時です。ブリードが終わった虫達の労をねぎらい来春の再会を心から願います。
虫たちはあと一、二年生きることになるでしょう。人の命と比べると短いものです。個々の個性ある命とその継続に尊さを感じざるをえません。ふと、自分自身もひとつ年を重ねていることに気付きます。(吉虫)

第13回ブリードルーム

関連記事

第18回ブリードルーム画像

変動要素と長い付き合い

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e8%99%ab%e3%81%ae%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b

虫の知らせ!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第10回ブリードルーム画像

虫の命と成長!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第9回ブリードルーム画像

終の棲家!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

2016年オオクワガタペアリング計画

2016年オオクワガタ・ペアリング計画!

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

第8回ブリードルーム画像

命の選別と尊さを知る喜び!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e9%80%b2%e5%8c%96%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab

進化するために

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e5%87%b6%e3%81%a8%e5%87%ba%e3%82%8b%e3%81%8b%e5%90%89%e3%81%a8%e3%81%a7%e3%82%8b%e3%81%8b%ef%bc%9f

凶と出るか吉とでるか?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

image10

真冬に羽化

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

image13

昆虫飼育は文化だ

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

gioramabna2018-k
第4回 2018月夜野ジオラマ杯優秀作品表彰ページ

ついに第4回月夜野ジオラマ杯の優秀作品が決定しました。 皆様からさま

ワイワイバナー
クワガタワイワイVOL.4 「こんな研究あったのか!?最新科学で解き明かす! クワガタカブト戦いの秘密!」

2018.6.16(土) クワガタワイワイVol.4開催決定!!

unnamed-file
【あつまれワンダーランド】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO18

多種なクワガタ・カブトムシが集合した作品です。 作品タイトル

01-1
【黄金のお正月】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO17

中国のお正月を表現した作品です。 作品タイトル『黄金のお正月

KIMG0020_R
【沖鋸大相撲 夏場所 千秋楽 ~結びの一番~】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO16

大相撲 夏場所 を表現した作品です。 作品タイトル『沖鋸大相

→もっと見る

PAGE TOP ↑