*



ストレス!?

公開日: : ブリードルーム

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと思います。第27回はストレスについてです。

クワガタムシのストレス

平成二十七年十二月より、職場のストレスチェックが始まった。内容を見ると仕事や職場について、どのように感じているかを問われる。同じ状況であってもストレスに感じる人と、そうでない人がいる。クワガタムシにとってストレスとは何だろうか。
平成二十八年のペアリング成果は芳しくない。ペア辺りの産卵数が減少し、幼虫の死亡率は上昇している。引越しと新設備に帰する要因が大きいと分析している。人間にとっても、引越しと環境変化は高ストレスを生むと、心理学で言われている。
虫の気持ちは分からない。仏教で言う四苦(生、老、病、死)で訴えてくる。手遅れになって、始めて人は分かる。「昨日は快適だった?」。 「産めそう?」。声をかけたら、言葉で返事してくれると有難いのだが、そうはいかない。

ストレス耐性の差や適応環境の微妙な違い

人にストレスになる事は、クワガタムシと違う。しかし、ストレス耐性の差や適応環境の微妙な違いは、人と同様に個体による。実際に、本年の高ストレスの環境で、問題なく産卵して育つペアの子らもいる。経験則で分かっていることは、人がストレスであり、できるだけそっとしておくことが一番なのだ。(吉虫)

ストレス

関連記事

第18回ブリードルーム画像

変動要素と長い付き合い

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201805-1-Every_morn_is_a_fresh_beginning

新しい朝、新しい季節

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201808-1-T1641SR1M695-14

カッコいい奇形

進化の過程 生物は悠久の時の流れの中でその姿を変えて現在に至っている。今の形は決して完成形では

記事を読む

第7回ブリードルーム

春到来、シーズンイン!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e9%80%b2%e5%8c%96%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab

進化するために

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

%e3%82%ab%e3%82%bb%e3%83%84%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1

カセツノススメ

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

冬の試練

冬の試練・ブリードの如く!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

image13

昆虫飼育は文化だ

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

マガジン-201709-1-DSC09260-2

命と健康を預かる!?

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

名胡桃城址からの眺め

月夜野きのこ園と 「 真田丸 」

月夜野きのこ園ブリードルームでは、月夜野きのこ園での昆虫の飼育や産卵などについてを発信していきたいと

記事を読む

gioramabna2018-2
第5回 2019月夜野ジオラマ杯優秀作品表彰ページ

ついに第5回月夜野ジオラマ杯の優秀作品が決定しました。 皆様からさま

waowai5-A.fw
クワガタワイワイVOL.5 さらば平成!「採集と飼育」クワガタカブトムシ業界をアップデートせよ

2019.6.15(土) クワガタワイワイVol.5開催決定!!

40-1
【出撃!!!】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO18

メカクワガタの戦う様子を表現した作品です 作品タイトル『出撃!!!』

30-1
【昆虫の飲み会】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO17

昆虫たちが樹液に集まる様子を表現した作品です 作品タイトル『昆虫の飲

20-1
【未知との遭遇その2】クワカブジオラマ写真コンテスト:エントリーNO16

ヘラクレスと銀色に光り輝く生き物との遭遇を表現した作品です 作品タイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑